top of page

ご挨拶

2.jpg

よしけん(吉田顕一郎)

ひとり社長を元気にするスーパー参謀

「無敵塾」塾長

「とんがりブランディング」開発者

​ネガティブ脱出技術「ネガポジ」開発者

「新・稲森式 成功の方程式」考案者

​ブランディング/マーケティング歴30年以上

ひとり社長歴20年以上

株式会社スマイリングシナジー 代表取締役

合同会社Merry&Happy 会長

日本ポジティブ心理学協会 会員

1960年生まれ 東京都出身

慶應義塾高校~慶應義塾大学​卒

体育会​庭球部所属(高校~大学)

元電通のブランディングスペシャリスト

NTTドコモを始め大・中小企業ブランディング実績200社以上

新日鉄⇒J-PHONE⇒電通⇒スタートアップCOO

⇒倒産⇒不可抗力起業⇒今ココ

仕事の実績

  • シームレス鋼管工場の生産管理:新日鉄

  • 全社販売生産計画策定:新日鉄

  • ステンレス鋼板の営業:新日鉄

  • UNIXコンピュータの営業,マーケティング:新日鉄

     シリコンバレーのベンチャー企業との仕事

     SAPの製鉄所への導入推進

  • J-PHONEのブランドマネジメント:新日鉄から出向

     日本のトップクリーターとの仕事

     マスメディア各社との仕事

     海の家運営

  • ブランディングスペシャリスト:電通

     NTTドコモのブランディング戦略

     ニューヨークのIRエージェンシーとのIRサイト構築

  • マーケティング・プロモーションプランナー:電通

     NTTドコモの販促施策立案

     各種市場調査

     メール専用機「エクシーレ」の市場導入

  • ITコンサルタント:電通系ITコンサルティング会社

  • COO:ITスタートアップ企業

  • NPO代表:パーソナルブランド養成機構 X-Cross

  • 社団法人理事:(社)ウェルビーイングデザイン

  • VRビジネス立ち上げ:自社

  • ​マインドフルネス事業立ち上げ

​    エン・ジャパンから委託

  • ​ネガポジ反転思考法の開発:現職

学習した

  • ブランディング・マーケティングの基礎知識

     セオドア・レビット(HBS教授)の理論

     グロービス・マネジメント・スクール

     通信教育

  • ​稲盛和夫氏の経営哲学

  • スモールビジネスの立ち上げ手法と実践

  • ポジティブ心理学・マインドフルネス・幸福学

  • ネガポジ反転思考法

  • 神田昌典式マーケティング/コピーライティング

  • デジタルマーケティング手法

  • ​ChatGPTの使い方

ひとり社長のサポートはひとり社長にしかできません

ひとり社長のサポートはひとり社長にしかできません。

なぜでしょうか?

ひとり社長の気持ちはひとり社長にしかわからないからです。

ひとり社長にはひとり社長ならではの大変さがあります。

人・モノ・金・情報といったリソースも少ない。
持っている知識,経験も「ひとり分」です。

でも勝負に勝たないといけない。

マーケットの中で自分のポジションを確保して「稼ぎ続けて」いく。
家族を養っていかないといけません。

人に言えない悩みや苦労も多し。

だから僕がサポートを受ける立場なら,自分と同じひとり社長にサポートして欲しいです。

僕はひとり社長歴20年以上。


最後に所属していたベンチャーが倒産して「やむを得ず」ひとり社長になりました。

順風満帆に来たわけではありません。


トライ・アンド・エラー,スクラップ・アンド・ビルドを繰り返して「今」があります。

お金に困った時期もありました。
コンビニでバイトしたり,スーパーで早朝の品出しをしたこともあります。

そんな時期に自分を支えたのは「希望と気合い」だけでした。

おかげでひとり社長として生きる知恵だけは誰にも負けない自信があります。

来年は「ひとり社長会」のようなコミュニティを作ってみたいです。

同士が集う場はひとり社長には特に必要だと感じているから。


僕のビジョンでもあります。

・ブランディングのプロとしての知恵と経験

・自分がひとり社長を20年以上やっている知恵と経験

の2つを活かして必ずひとり社長の力になれると信じています。

ひとり社長が日々いきいきと自分らしく働いて,素晴らしい人生を送るサポートを頑張ります!

自分らしい人生を!

「長く愛されて着実に稼ぎ続ける」には自分軸をしっかり持たなければいけません。

​自分軸がしっかりしていれば「日々起こる問題,迷い,不安,目指す方向」への「羅針盤」を持てます。

​結果,いつも状況に応じた適切な判断と行動をもたらします。

​自分軸がないひとり社長は「風見鶏」とか「根なし草」
しっかりした持論とか主張がないんですね。

​いつも状況に振り回されて「あっち行ったりこっち行ったり」

判断と行動もブレブレです。

​状況によってコロコロと意見を変える人って信用できます?

​出来ませんよね。

​そういう人は「長く愛されない」ので「着実に稼ぎ続ける」ことも出来ない。

​自分軸とは「自分そのもの」です。


自分そのもの=じぶんブランド。

​じぶんブランドは他人に評価されるための「ハリボテ」ではありません。

自分そのものを世の中に見えるように表現することです。

​会社員はじぶんブランドで働くのはなかなか難しい。


でも,ひとり社長は「自分の考え方ひとつ」で出来ます。

​「じぶんブランドで行くぜ~!」って決めればいいだけ。

「長く愛されて着実に稼ぎ続けたい」人はじぶんブランドを確立しましょう。

ひとりの素晴らしい欲が未来を創る

あなたはどんな「欲」を持ってますか?

日本のトップマーケター森岡毅さんは言いました。

「欲をもて」

簡単なことばです。

でも欲を実現するには
・考え方
・スタンス
・行動
の3つを変える必要あり。

現状維持の考え方では欲は実現出来ない。

世の中の発展って「一人から始まった欲が形になった」からです。

例をあげると稲盛和夫さん。
・京セラ
・第2電電(KDDI)
・JALの再生
いずれも「前向きで強い欲」によって実現されました。

欲を持つことは
・怖いこと
・危険なこと
・悪いこと
のような解釈をする人がいます。

でも,一人ひとりの「偉大な欲の実現」で「今」がある。

ひとりの素晴らしい欲が今後の未来をつくることになりうる。

そんな前向きな希望をガソリンにして「欲を持ち」「欲の実現」を目指してはどうでしょうか?

bottom of page