“うまくいく”起業塾をなぜ設立したのか

◎時代背景

2016年くらいから「VUCAの時代」と世界的に言われている
VUCAとは
・Volatility :不安定で変化が激しい
・Uncertainty :不確実性が高く先行きが見えない
・Complexity :様々な要素が複雑に絡み合っている
・Ambiguity :ものごとの因果関係があいまい
の頭文字を取ったもの
コロナ禍でVUCAは現実になり,「不安」の時代が到来した
企業の業績低迷,倒産,早期退職,リストラ,55歳以上の役職定年など収入への不安が増大している
一方,70歳以上の労働意欲は高い
令和2年版高齢社会白書(内閣府)より
「何歳頃まで収入を伴う仕事をしたいか」70歳くらいまで 23.4%
75歳くらいまで 19.3%
80歳くらいまで 7.6%働けるならずっと 36.7%
70歳以上まで働きたい人 は約87%
しかし,経団連の中西会長は「終身雇用を前提にすることが限界になっている」とコメントしている
⇒企業のスタンスと労働意欲は乖離している
雇用環境の現実は厳しい
40歳以上の再就職は困難を極める年齢が上がっていくにしたがって「転職先が決まること(アルバイト・パート含む)」と「満足度が高い希望の仕事に就くこと」とが全く一致しないケースが増えていく現実がある(ルーセントドアーズ株式会社 代表取締役 黒田真行氏のNIKKEI STYLE記事)

◎課題認識

不安の時代において,もう会社は「自分の人生を託す場所」ではなくなった
インターネットやSNSの普及は「会社に依存しないで生きていく」ことを可能にした
求められるのは自分ブランドを軸にした「個人で生き抜く力」
しかし,会社員は,金銭的にも精神的にも「会社に依存」している人がほとんど
会社を離れることになった場合,会社に依存した思考の枠組みは使えない
いきなり自力で稼ぐことは困難で,リスクもかなり高い
自分の経験から「思考」が一番重要で,思考が間違っていると結果も「必ず」間違う
会社依存思考のまま,ノウハウだけを習得しても「成果」が出ない
稼ぎ方を教える人や情報は溢れているが,「思考法」と連動していないので「再現性」と「継続性」が薄い
「自分の商品」の開発方法を教える人や情報がほとんどない
様々なプログラムは,すべてバラバラで「つなぎ合わせないと」成果につながらない
「思考法・マインド改善~自分ブランド開発~ビジネス運用」をパッケージにしたプログラムがないため,非効率で結果も出にくい

☆課題解決としての”うまくいく”起業塾☆

上記の課題を解決するため

自分が学習・経験したことを活かして
“会社に依存しないで生きていきたい人”の
「背中を押して,伴走サポートをしたい」
という思いから

3つの自力を軸に据えた”うまくいく”起業塾
を設立しました

タイトルとURLをコピーしました